男性の排尿トラブル

排尿のトラブルに隠された病気とは?

過活動膀胱(かかつどうぼうこう)1)

わたしたちはふだん膀胱にある程度の尿がたまるまで尿意が起こらず、尿意があったとしても「我慢する」などのコントロールができます(図)。
過活動膀胱とは、このコントロールがうまく働かなくなる病気で、自分の意識しないところで不意に膀胱が縮んでしまうことや、尿道を締めることがうまくできずに尿を止めておけなくなることで、急にトイレに行きたくなる、排尿の回数が増える、場合によっては尿が漏れてしまうなどの症状が現れます。

尿をためておとき

尿をするとき

このような排尿の調節がうまくできなくなった状態が「過活動膀胱」

(図) 排尿のメカニズム2)と過活動膀胱1)

この病気は原因によって大きく2つに分けられます。

①神経によるコントロールがうまく働かないことが原因(神経因性過活動膀胱)

神経に影響が出る病気(脳卒中、脊髄の損傷など)を患った後遺症として現れるタイプの過活動膀胱です。膀胱や尿道の運動を調整している神経の働きがうまくいかなくなることで、尿を膀胱にためておくことができなくなるなどの症状が出ます。

②神経のトラブルとは関係のない過活動膀胱(非神経因性過活動膀胱)
1)骨盤底筋のトラブル

骨盤のなかで膀胱や尿道などを支えている筋肉(骨盤底筋)が、加齢や肥満、女性の場合は出産などが原因で縮む力が弱くなることで現れる過活動膀胱です。骨盤底筋が弱くなると排尿を調節する尿道がうまく絞められなくなり、ちょっとした刺激で尿が出てしまうなどの症状が出ます。

2)そのほかの原因

そのほかにもいくつかの原因が複雑に関与していることが考えられ、原因が特定できない場合もあります。

前立腺がん

  1. 1) 日本排尿機能学会編. 過活動膀胱診療ガイドライン. ブラックウェルパブリッシング, 2005.
  2. 2) 聖路加国際病院(監修). ゼロからわかる前立腺肥大症・前立腺がん. 世界文化社, 2013.

ページトップへ