前立腺肥大症の治療

「前立腺肥大症」と診断されるまで

排尿障害の治療の第一歩は、その原因となっている病気を正確に特定(診断)することです。
病名が確定すれば、治療法もおのずと決まるので、改善の見通しが立ちます。

そして、診断を受けるために必要なきっかけは、「自分の症状への気づき」です。
「年のせいだから…」「我慢すればいいから…」「尿のことで相談したくないから…」
と考えていては、自分の症状を過少に思い込み、かなり進行してからようやく治療に取り掛かる、といったことになりかねません。
よりよい生活を送るためにも、自分の悩みに正直に向き合い、積極的に改善に取り組むようにしましょう。

そのためには、まずは自分の症状を客観的に把握する「自己チェック」を行い、排尿の専門家である泌尿器科の医院で相談してみましょう。

「前立腺肥大症」と診断されるまで

ページトップへ