男性の排尿と前立腺

他人ごとじゃない?!前立腺肥大症

どんなひとがかかる病気?

「前立腺肥大症」にかかっている人の数

厚生労働省の統計によると、前立腺肥大症で治療を受けている方の数は40万人以上と推計されています1)。同省の別の統計では、65歳以上の男性の1000人あたり89.4人が治療を受けるために通院していると推計しており、主要な生活習慣病に比べても少なくありません2)
しかし、実際に前立腺肥大症であっても治療に行かない方も多く、ある統計では55歳以上の男性の5人に1人は前立腺肥大症ではないか、と見積もられています3)。これは人数にして約400万人となり、非常に一般的な病気であることがわかります。一方で、400万人のうち40万人程度しか治療を受けていないということは、排尿障害というつらい症状が現れているにもかかわらず、治療を受けずに我慢している方も多いということになります。
治療によって改善が見込まれる病気ですので、排尿のことで困ったことがある場合は、早めに専門の医院(泌尿器科)の受診をおすすめします。

前立腺肥大症患者数の年次推移

対象と方法
全国の医療施設を利用する患者について、層化無作為により抽出した医療施設における患者を対象に、調査票による調査、解析を行った。

生活習慣病と前立腺肥大症の通院者数(65歳以上の男性)

対象と方法
全国の世帯及び世帯員を対象とし、層化無作為抽出した5530地区内のすべての世帯(約30万世帯)及び世帯員(約74万人)を対象に、調査票による調査、解析を行った。

「前立腺肥大症」になる原因

  1. 1) 厚生労働省. 平成23年(2011)患者調査の概況. 2012.
  2. 2) 厚生労働省. 平成25年国民生活基礎調査の概況. 2014.
  3. 3) 大園誠一郎ほか. PROGRESS IN MEDICINE. 2008; 28(6): 1419-1423.

ページトップへ